STORY

STORY

  • KEVIN MILLCU
  • POST
  • コメントはまだありません

ケビンミルク、スタート。

2010年、6月1日(ワールドミルクデー)。東京・江古田に小さなショップがオープンしました。それは、ミルクをテーマにした雑貨店『ケビンミルク』でした。
店名の由来は、『ホームアローン』の主人公“ケビン・マカリスター”から。ケビンのようにユーモアがあり、元気ハツラツなお店になるように名付けました。MILLCUは造語で、響きはミルクのまま、新しいミルクの世界観を表現したいという思いを込めました。世界中からミルクにまつわる雑貨や食品を仕入れ、ミルクに対する情熱をそのまま詰め込んだようなお店でした。開店当初、たくさんのお客様に愛され、大きな反響をいただきました。

kevinmillcu_mono

しかし、そんな時間も長くは続きませんでした。
2012年、たった2年という期間でケビンミルクは幕を閉じました。

その後、私は日本全国のミルクを飲み歩き、酪農家さんの牧場を訪ね取材をさせていただき、ミルクに対する情熱をより一層高めていきました。その数は全国250種類を超えるまでになっていました。

そんな旅の中で、もっとたくさんの方に日本のその土地ならではの【ローカルミルク】の魅力を伝えたいと考えるようになりました。ミルクが好きな人はもちろん普段あまり飲まない人にもどうすれば飲んでもらえるようになるかをひたすら考えました。そこで気がついたのです。ミルクはひとつの“食材”でもあるという事実でした。
カフェラテ、ミルクセーキ、ミルクティーなどミルクをベースとした飲み物は広くたくさんの方に愛されています。ミルクは何かと組み合わせることでさらにその力を発揮するのではないかと。

そこでたどり着いたのが“バナナ”との組み合わせでした。これこそゴールデンコンビであり、お互いの魅力をさらに高め、美味しさをより引き出すことに気づいたのです。
それからバナナミルクをより美味しくするにはどうすれば良いかを試行錯誤し始めました。牛乳の甘みをより引き出すのはどのバナナなのか。
無限にある可能性からひとつの答えを導き出しました。

そして、2019年、6月1日(ワールドミルクデー)ケビンミルクが7年ぶりに復活します。

雲のようにふわふわで、濃厚な甘みとコクのあるバナナミルク『BM』。

ぜひ一度ご賞味ください。


BACK TO TOP